Duolingo English TestとTOEICのスコアと難易度を比較してみた。

以前苦しんでDuolingo English Testを受験し、スコアを取得しました。このテストがTOEICと比較するとどのくらいなのか興味を持ちましたので、比較してみました。

Duolingo English Testを受けてみたら、無効試験を6回くらって死ぬほど苦労した話
英語スコアの必要性に迫られ、Duolingo English Testを受験しました。(TOEICも昔受験して認定証も手...

Duolingo English TestのスコアをTOEICのスコアを直接比較することはできないので、Duoligo⇔TOEFL iBTという換算を一回かましてから、TOEFL iBT⇔TOEICという換算を行っています。

あくまで参考値程度です。

Duolingoの公式サイトでは、Duolingo English TestとTOEFL iBTのスコア換算表が示されているため、それをもとに換算した結果となります。

TOEFL iBTとTOEICのスコアについては過去にETS公式に記載されていた値をもとにした換算値です。

各試験の難易度比較

ちなみに換算値をもとに難易度を考えると、TOEIC << Duolingo < TOEFL iBTという順で難しくなるかと思います。 TOEICは比較的高得点が取りやすいですが、TOEFL iBTはかなり英語力がないと高得点を取るのは厳しいのではないかと思います。 Duolingoは両試験の中間に位置するイメージです。 この3つの試験の中であれば、難易度が比較的低いのはTOEICです。必要とされる語彙力が違います。

スポンサーリンク

換算表

換算表を以下に記載しました。

DuolingoとTOFEL iBTのスコアは公式に記載されているので、そこまで乖離した数値ではないかと思います。

ただ、Duolingoの方が若干スコアが出やすいような気がします。(個人的感想です。私自身Duolingoで105点を取りましたが、多分TOEFLで80点も取れないです。)

また、先ほど書きましたが、TOEFL iBTとTOEICのスコアについては過去にETS公式に記載されていた値をもとにした数値でして、現在この換算が正しいとは言えません。

おそらく、TOEICの点数はやや高めに算出されるはずです。TOFEL iBTで100点は一定のラインとされていまして、このラインを越えてくるとある程度の英語力が担保されると思いますが、TOEICだとこれが880点になっています。

TOEFL iBTで100点取れるなら、TOEICはもっと取れるはず(幅はあるとは思いますが、950点とか取れても不思議ではない。)。

逆に言えば、TOEICを頑張って勉強した人がTOEICで880点を取ったとして、TOEFL iBTを受けても100点取るのは結構きついのではないかと思います。

Duolingo TOEFL iBT TOEIC
150-160 120 990+
145 119 990+
140 118 990+
140 117 990+
140 116 990+
135 114-115 990+
135 113 990+
130 111-112 990
130 110 980
130 109 965
125-130 106-108 950
125 105 925
125 103-104 910
120 101-102 900
120 100 880
120 98-99 865
115-120 96-97 850
115 94-95 836
115 92-93 820
110 90-91 805
110 88-89 800
110 86-87 780
105-110 84-85 770
105 83 750
105 81-82 740
100-105 79-80 730
100 77-78 720
100 76 700
100 74-75 690
95 72-73 680
95 71 665
95 69-70 650
95 68 645
90 66-67 635
90 65 625
90 64 610
90 62-63 600
85 61 590
85 59-60 580
85 58 565
85 57 550
85 56 540
80 54-55 530
80 53 520
80 52 500
80 51 490
75-80 49-50 480
75 48 470
75 47 460
75 45-46 445
75 44 435
70 43 420
70 41-42 410
70 40 400
70 39 385
70 38 370
65 36-37 350
65 35 345
65 34 330
65 33 315
65 32 300
60 30-31 290
60 29 270
60 28 260
60 26-27 250
55 25 230
55 24 215
55 23 200
55 22 180
55 21 160
50-55 19-20 150
50 18 130
50 17 110
50 16 100
50 15 80
50 14 60
45 13 50
0-45 0-12 50-
スポンサーリンク

換算表の感想

全体的にTOEIC iBTのスコアが他の試験と比較すると低めに換算されるようになっているように見えます。

特にTOEICとTOEFL iBTでは点数の相関が弱いと思われます。

以前、ETSではTOEFL iBTとTOEICの換算式を公開していましたが、現在公表していない理由はこの辺にあるのかなと。

私のDuolingoとTOEICのスコアの比較

ちなみにDuolingoとTOEICをスコアで比較するとどの程度になるか、検証しました。いずれも、私が受験した結果です。

6月に取得した私のDoulingoのスコアは105でした。

一方、9月に取得したTOEICのスコアは845でした。

Duolingoで100点くらいであれば、TOEICは800点を超える程度でしょうか。

換算表と見比べるとちょっと差があるかなという感じです。

ただ、TOEIC(L&R)にはSpeakingとWritingがないので、Duolingoのスコアからしてアウトプットが絶望的にできないことを考えると、妥当なのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました