Duolingo English Testを受けてみたら、無効試験を6回くらって死ぬほど苦労した話

英語スコアの必要性に迫られ、Duolingo English Testを受験しました。(TOEICも昔受験して認定証も手元にあるのですが、形式が変わる前だったため提出できず。。。)

週3回30分を3ヶ月やったらTOEICのスコアが200点上がって、870点取れた話
数年前の話になりますが、自分の中でTOEICの点数を上げようプロジェクトが発足したことがあります。 当時、私のTOEICの点数は670点で、スコアとしては物足りなさを感じていました。 就職...

また、本来はTOEICを受ける予定だったのですが、コロナの影響でTOEICが受けられなくなってしまいました。提出先の方ではDuolingo English Testの結果も受理できるとのことで、今回Duolingoに挑戦しました。

このテストの謳い文句は、家で2時間で、しかも$49(約5000円)で受けられ、2日で結果が返って来るという画期的な試験です。(2020/06/25現在は5日以内となっています。)

Duolingo English Testでより良いスコアを目指すなら、対策した方がいい
Duolingo English Testの対策法について考えてみました。 Duolingo English TestはReadingやListeningだけでなく、SpeakingやWriti.....

ただ、家で受けられるということはそれだけ環境を整える必要もあります。自分はこの環境構築に手間取り、計6回無効試験を食らうというまじで辛い1カ月半を過ごし、ようやく本日Duolingo English Testのスコアをゲットしましたので、情報共有させて頂きます。

無効試験の連続攻撃に発狂しました

スポンサーリンク

受験に必要なもの

運転免許証かパスポート

現物をウェブカメラで鮮明に撮影する必要があります。

文字が読み取れないと、ID認証が通りません。(ID認証だけ通らなかった場合は、テスト受験後しばらくして連絡が来るので、IDだけ再度ウェブカメラで撮影して再提出することになります。)

PC(おそらくノートPCの方がよい)

おそらくノートPCの方がよいというのは、Duolingoがウェブカメラで受験者の目線を確認するためです。スクリーンが大きいとスクリーン外を見ていたとみなされ、無効試験になることがあります。(22インチのモニターを使って受験したとき、スクリーンから目が離れていたと見なされました。)

お金があれば、Surfaceなんかがいいのではないでしょうか。

コスパで選ぶなら、AMDのCPUを使ってるIdea Padとかでしょうか。

ウェブカメラ

おそらくPCに付属しているものの方がよいですが、自分は外付けのものを使用しました。

最近のノートPCであれば、基本的にカメラがついているのでウェブカメラを別で買う必要はありません。

マイク(イヤホンマイクは使えません)

最近のノートPCであれば、マイク機能付きだと思います。

別売りで買うなら、マイク機能付きのウェブカメラで十分です。

マイクだけ買うなら、イヤホンマイク以外のものを買いましょう。

スピーカー(イヤホンは使えません)

これも自分みたいにスピーカーが壊れていたなんていうことがなければ、PC付属のもので十分です。

※おそらくノートPCがよい、とか書いているのは後述しますが、自分が苦労したポイントだったためです。必ずしもそうでなければいけないという訳ではありません。

カメラ&マイクつきのノートPCがあれば問題なし

受験に必要なものとしては、カメラ&マイク付きのノートPCを持っている方はおそらくほとんど問題なく受験できるのではないでしょうか。

私の場合、そういったカメラ&マイク付きノートPCを持っておらず、ウェブカメラも持っていなかったことに加え、PCのスピーカーも壊れてたりと、色々ありめちゃめちゃ苦労しました。

今回は、私がめちゃめちゃ苦労して発狂したくなった(発狂していた)1カ月半を振り返ろうと思います。

スポンサーリンク

Duolingoの試験への挑戦

自宅にあるデスクトップPCで受験することとしました。

ウェブカメラは持っていませんでしたが、スマートフォンをウェブカメラ代わりに使用できる「NDIツール」というものを使用して、iPhoneをウェブカメラの代用とし、テストに挑戦しました。

NDI Tools – NewTek NDI

すると、途中で画面がフリーズしました。

右下のヘルプをクリックしたところ、フルスクリーンモードが解除され、無効試験の判定となりました。

リトライ

色々調べてみましたが、原因がよくわからなかったので、少し時間をおいて再度挑戦しました。

すると、最後の設問までたどりつくことができましたが、試験を送信している途中でフリーズし、無効試験となりました。

リトライ2

ヘルプセンターに連絡したところ、ウェブカメラの代わりだったとしても、スマートフォンは使用してはいけないとのことだったので、こちらのロジクールのウェブカメラを購入しました。

ちなみに後に書いていますが、新たに別のウェブカメラを買いなおしています。(身分証明書として運転免許証またはパスポートをウェブカメラで撮影する必要がありますが、こちらのウェブカメラだと焦点距離の調節ができないため、読み取ってくれません。)

ウェブカメラになるべくお金をかけたくなければ、ロジクールのコスパウェブカメラ C270nを買おう
オンライン授業でどうしてもウェブカメラが必要になり、Amazonで注文しました。 できるだけ安くウェブカメラを買いたいと思ったら、このカメラがオススメと思います。 安いですが、ある程度の品...

ウェブカメラが原因とのことで、心機一転もう一度挑戦しました。

途中の設問でフリーズしました。無効試験となりました。

(買いなおしたウェブカメラはこちらです。焦点距離が固定でなく自動で調節してくれるものを選ばないといけません。)

リトライ3

ヘルプセンターに連絡しました。

プラグインを無効にしたり、ネットの整備などして環境を整えてもう一度試してくれとのことだったので、とりあえずもう一度挑戦しました。

途中の設問でフリーズしました。無効試験となりました。

この頃になるとフリーズすると発狂していました。

Duolingoへの不信感がだんだん強くなっていました。

リトライ4

ヘルプセンターに連絡していくつかやり取りをしたものの、原因はよくわからず。。。

プラグインは全て削除したし、ネットも有線で問題ないし。

ふと、1点気になった点がありました。

起動すらさせてなかったのですが、インストールしていたNDIツールをアンインストールして挑戦したらうまくいくかも。

ということで、NDIツールをアンインストールさせて試験に挑戦したところ、最後までたどりつくことができました!

歓喜でした。ただその喜びは長くは続かなかったのです。

絶望

試験から4日後、Duolingoから1通のメールが届きました。

自分はようやく採点が終わったのだろうと思いました。

メールの内容は、スクリーンから目が離れたため、試験は認定できないというものでした。

自分はもうDuolingoの試験を受けるのが嫌になっていました。

提出期限もぎりぎりだったため、ヘルプセンターに連絡し再度確認してもらうようにお願いしました。

絶望2

4日後、Duolingoからメールが届きました。

内容は変わらず、目線が何度も離れているため、試験は認定できないというものでした。

この判定は覆らないとのことで、がっかりです。

スクリーンから目線を離してはいけないって言われても、そもそも離してないし、これ以上どうすればいいのか。

絶望です。

そこでふと思い当たることがありました。

私はデスクトップPCで受験していたのです。

スクリーンが大きいために画面から目を離していたと認定されたのではないかということが私の頭をよぎりました。

そのため、ノートPCで受験すれば、問題なく受験できるかもしれないと思いました。

ノートPCを物色する

手頃なPCを物色しつつ、どうしたら受験できるか考えていました。

ちなみに物色していたPCはLenovoのIdeaPad S540 (14)とか、ThinkPad E14とか買おうか検討していました。

ただ、英語の試験を受けるためだけにノートPCを新調するのも敗北感があります。

いくつか問題点はありましたが、もともと持っていたノートPCが使ってみることとしました。

ノートPCで受験する

持っていたノートPCを使ってみることとしました。

・ウェブカメラが付いていない
・スピーカーが壊れていた&外部接続のスピーカーを持っていない

この2点がネックでしたが、ノートPCをTVにHDMIケーブルで接続し、TVからは音を拾って受験することとしました。

ウェブカメラはデスクトップPCで使用していたものを接続して使用することとしました。

TVをノートPCの向こう側において受験したため、非常にやりにくい環境でしたが、無事解き終わることができました。

ノートPCのスクリーンから視線をはずすと、おそらく認定されなくなるため、かなり神経を使いました。

絶望3

試験終了の3日後、Duolingoからメールが届きました。

自分はようやくこのDuolingoの呪縛から逃れられると思いました。

そして、メールを見た瞬間発狂しそうになりました。

IDが認証できませんでした。と書かれていました。

どうやら、受験時に撮影したパスポートの写真がぼやけていたということです。

普通なら、そんなもの撮影しなおせば大丈夫だと思うでしょう。

しかし、どうしても手持ちでは解決できない事態がありました。

ウェブカメラの性能です。

自分の持っていたウェブカメラでは、どうしても鮮明に撮影することができませんでした。

そのため、性能の高いロジクールのウェブカメラを購入しなおしました。

そちらのウェブカメラで撮影したところ、無事認証が通りました。

歓喜でした。

スポンサーリンク

ようやくスコアGET

念願のスコアゲットです。

スコア自体はお世辞にも良いものではありませんが、あるとないでは雲泥の差ですので、スコアを取得でき救われました。

参考までに、Duolingoで105だとTOEFL ibtが80-85なので、TOEIC換算で730-770くらいになるかと。(正直TOEFL iBTで80も取れないとは思いますが。)

ということで、長いDuolingoとの戦いが終わりました。

こんな状況に陥る人はいらっしゃらないとは思いますが、皆さんもDuolingo English Testを受験する際には気をつけて下さいね。

週3回30分を3ヶ月やったらTOEICのスコアが200点上がって、870点取れた話
数年前の話になりますが、自分の中でTOEICの点数を上げようプロジェクトが発足したことがあります。 当時、私のTOEICの点数は670点で、スコアとしては物足りなさを感じていました。 就職...
スポンサーリンク

余談

蛇足です。

以前、TOEICは870点を取得したことがあるので、自分の英語力がかなり偏ったものであるということがよくわかりました。TOEICだとListeningとReadingしかないし、正直わかってなくても選択肢から問題&答えが予想出来たりするので。

(そもそも英語力といっていいのかわからないですね。自分が頑張って上げていたのは英語力ではなく「TOEIC力」だったのかも。。。結局、片言しか英語話せないし、TOEICで点数上げようと頑張ってた時も英語ができるようになった実感は全くなかったです。870点取ったときはReadingの時間が30分くらい余ったので、TOEICの文章を読むのが尋常じゃなく速くなってたくらい(当時だけ)。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました