複数のUnifyingレシーバーを挿したまま、複数のPCで使うには?

本記事では、複数のUnifyingレシーバーを活用する方法について紹介します。

LogicoolのUnifying対応のマウスやキーボードを使っていて、Unyifyingレシーバーが余ったしまった人なら、一度は考えたことがあると思います。

Unifying対応のデバイスを使用していると、段々とレシーバーが貯まっていきますよね。

1つのレシーバーに複数のデバイスをペアリングできるのはいいけど、レシーバーが余る。

そこで、サブのPCを使っている方なら次のように考えると思います。

複数のUnifyingレシーバーを複数のPCに挿したまま、同じマウスを共有できないのか?と。

レシーバーをいちいち挿し直すのも面倒だし、余っているレシーバーをサブPCに挿したままに出来たら便利ですよね。

私もそう思い、色々試してみました。

結論から言うと、余っているレシーバーを上記のように活用するかできるかどうかは、マウスやキーボードの種類によって変わります。

スポンサーリンク

私の所有しているM325とK275ではどうか?

そんなわけで試してみました。

まず、メインPCのUnifying対応レシーバーにマウス(M325)とキーボード(K275)をペアリングさせます。

その後、サブPCに余っているUnifying対応レシーバーに同様にペアリングさせようとしたら、、、自動ではできませんでした。

Unifyingソフトウェアを手動で開いて、マウスをペアリングさせるため、電源をオフにして待つ。

なにも起こらない。どうもマウスがメインPCと接続された状態だと新しくペアリングすることはできないようでした。

メインPCのレシーバーを取り外したところ、ペアリングが完了しました。

メインPCでマウスとキーボードを使用したところ、、、使えませんでした・・・。メインPCはデスクトップのため、全く動かせなくなりました。

仕方がないので、サブPCのレシーバーを外してメインPCに挿したところ接続でき、動かせました。

私の所有しているM325とK275では複数のレシーバーに対応させることはできないということがわかりました。

Unifying対応マウスm325tのレビュー、5ボタン全部使いこなせず。
最近マウスの調子が悪かったため、マウスを新調しました。 Unifying対応のキーボードを使用しており、PC側の受...
スポンサーリンク

複数のPCに対応させることができる機能を持つデバイス

ただ、LogicoolのUnifying対応レシーバーを用いて、複数のPCに対応させることができる機能を持つデバイスも存在します。

M585は複数のPCに登録することのできる機能を持つマウスです。これがあれば、レシーバーのペアリングをいちいち解除することなく、2つのレシーバーを2台のPCに挿したまま、ボタン一つで切り替えることができます。

Easy-Switch機能

その他にも複数のPCに対応させることができる機能である「Easy-Switch」を有すデバイスであれば、複数レシーバーへ対応させることができるようになります。

Easy-Switch機能は同時に3つのレシーバーに対応させることができます。

マウスであれば、MX1600sがEasy-Switch対応です。

キーボードであれば持ち運びやすい小型のK380やデスクトップ用として使うのであればK780がEasy-Switch対応です。

スポンサーリンク

まとめ

余ってるレシーバーを活用したい、かつ、複数PCでマウスやキーボードを共有したいけど切り替えを便利にしたい、と思っている場合には、マルチデバイス対応のデバイスを使うと、非常に便利になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました