Raspberry Piにおススメのケースはどれか?

Raspberry Pi 4が発売間近ですが、Raspberry Pi 3を購入したので、どんなケースがよいか調べてみました。

スポンサーリンク

ケースに必要な要素とは?

Raspberry Piに最適なケースはどんなものか考えてみました。

冷却能

Raspberry Piは最新のものほどCPUが高性能です。大変喜ばしいことですが、一方で熱が多く発生してしまうようになっています。

したがって、良く冷えるケースのほうが好ましいです。

冷却能のあるケースとしては、ファン付きのものとヒートシンク状ケースの二つの種類があります。

オススメなのはケース全体がアルミなどの金属でできていて、CPUの熱をそのままケースに伝えて放熱してくれるタイプのものです。

私自身、このヒートシンク状のケースを購入しました。質感もあって高級感もでるので、とてもよかったと思います。

GPIOが露出している

二つ目のポイントはGPIOが露出していることです。

ケースによっては、GPIOのピンまで隠してしまっているものもあるため、隠れないケースの方がよいと思います。

安価である

当たり前かもしれませんが、値段も重要だと思います。

もともと本体が高くないので、ケースの値段が3000円を超えるとちょっと高すぎる気がしてしまいます。

スポンサーリンク

実際に購入して装着してみた

生身のままでは、いつか壊してしまいそうだったので、実際にケースを購入して装着してみました。

中には熱伝導シートが入っていて、これをケースに貼りました。ケースを止めた際にCPUと密着できるようにしました。

質感もあるので、ちょっと高級感もあります。

これはRaspberry Pi 3用のケースですが、AmazonでもRaspberry Pi 4用の以下のようなケースが売っています。
(3用のケースと寸法は違うと思いますが、形はほぼ一緒です。)

Raspberry Pi 3 Model Bを今更ながら購入してみた
Raspberry Pi 4の国内発売が間近に迫っている中で、今更ながらRaspberry Pi 3に手を出してしまいました。 Model BとB+で迷ったのですが、性能的にほとんど変わらなさそうだったので、Model Bを購入しまし...

コメント

タイトルとURLをコピーしました