働かなくてもそこそこの生活をしていけるお金とは?

スポンサーリンク

いくらあったら働かなくても生活していけるのか

働きたくなくても働かないといけない。宝くじを当てたら仕事をやめようといつも考えているけれど、いったいいくらあったら働かなくても普通に生活していけるのでしょうか。生活を切り詰めてほとんどお金のない状態で生活することもできるかもしれないけれど、それでは生活に不満を感じてしまいそう。なので、現実的に生活していけるお金というものを考えてみました。

いくらあったらよいか調査してみた

まず、ひとまとめに考えるのは難しいので、分けて考えました。

現実的に生活していけるお金=普通に得られるお金×普通の人が働く年数

と考えると、

現実的に生活していけるお金=平均年収×約40年(大卒から定年まで)

ということで、今の平均年収を調べてみました。
2017年の民間統計調査によると、給与所得者の年間平均給与は422万円だそうです。しかしこれは、男女合わせた額の平均ですので、男女別にみると男:521万円、女:280万円です。残念ながら、私は男ですので、平均年収521万円として、

現実的に生活していけるお金=521万円×約40年=2億840万円

2億840万円!?という途方もない金額となってしまいました。ただこの計算は、所得税や国民健康保険など全く考えていないので、もう少しきちんと計算すれば、これよりは低くなるでしょう。

ただ2億円程度持っていれば、仕事をしなくても普通に生活していけそうですね。
宝くじを当てて仕事を辞めたい方はぜひ目安にしてみてください。



コメント

タイトルとURLをコピーしました