ルーブル美術館で絶対に見たい3作品!


ルーブル美術館に行ったら絶対に見ておきたい3作品があります。

「モナリザ」、「サモトラケのニケ」、「ミロのヴィーナス」です。

鑑賞のおすすめルートは、モナリザ→サモトラケのニケ→ミロのヴィーナスです。

特に朝一で空いている時間に入れるなら、この順番で回るのがお勧めです。

モナリザが最も混みやすいので、早く見てしまいましょう。

ミロのヴィーナスに行く途中にサモトラケのニケが鎮座していますので、サモトラケのニケを見てから、ミロのヴィーナスを見に行くことになると思います。

スポンサーリンク

見どころ

モナリザ

レオナルド・ダ・ヴィンチ作のモナリザです。

ダ・ヴィンチがフランスに訪れた際に、フランソワ1世が購入し、その後、フランスの財産になりました。

サモトラケのニケ

作者不明です。紀元前190年ごろの作品とされます。

勝利の女神ニケの彫像で、サモトラケ島で発見されました。

海戦の勝利を記念した献上品とされています。

ミロのヴィーナス

こちらも作者不明の作品で、紀元前100年頃の作品です。

オスマン帝国統治下のミロス島で発見され、その後フランスによって買い上げられました。

裸体の美しさから「ヴィーナス」と呼ばれています。

他の見どころ

せっかくのルーブル美術館、その他にも超有名作品が目白押しですので、その他の見どころも紹介します。

  • 岩窟の聖母(ダ・ヴィンチ作)
  • ナポレオン1世の戴冠式(ダヴィッド作)
  • 聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ(ラファエロ作)
  • 民衆を導く勝利の女神(ドラクロワ作)
  • ハンムラビ法典
  • 翼の付いた雄牛
  • 書記座像

ハンムラビ法典があるリシュリュー翼⇔モナリザがあるドュノン翼の行き来はかなり大変なので、ドュノン翼の絵は先に見ておいた方がよいでしょう。

ドュノン翼はかなり混雑するイメージがあるので、優先して見ておくとよいです。

リシュリュー翼は比較的混雑していませんでした。

なお、モナリザ周辺には「岩窟の聖母」や「聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ」など有名な絵画が多くあります。

それらを全て見てから、サモトラケのニケやミロのヴィーナスに向かうのもありですね。

ただ、この2作品は本当に混雑するので、朝一に行けたなら最初に見に行くことをお勧めします。

なお、ルーブル美術館見どころマップも作成予定です!

こちらの記事も参考になります。

空いている日はない?空いているルーブル美術館に訪れるには?
ルーブル美術館は毎年約600万人の観光客が訪れる、世界一有名な美術館です。パリに行ったら必ず訪れたいスポットです。 そんなルーブルには世界一有名だからこそ、大きな問題点があります。 それは、非常に混雑する、ということです...
ルーブル美術館のチケットを個人で手配する方法
ルーブル美術館のチケットを自分で手配する方法を紹介します。 オススメなのは、チケットを事前に購入しておくことです。 パリの美術館はチケットを持っているか、持っていないかで入場待ちの列が分けられています。 実のところ、ル...
iconicon
パリに来たら外せない、名画の宝庫・ルーブル美術館。年間を通じて長蛇の列を作っていますが、優先入場チケットを…

コメント

タイトルとURLをコピーしました