初めてのスノーボード!絶対に必要なものと要らないもののまとめ


寒いですね!家でぬくぬくするのも良いですが、冬にしか楽しめないアクティビティーを楽しみましょう!

雪山に行ってスノーボードやスキーに行かれる方も多いんじゃないかと思います。
初めて行く方も多いのではないでしょうか?でも何を持っていけばわからないそんな悩みを持っていませんか?

私が初めてスノーボードに行った時に個人的に必要だったものと要らなかったものをまとめてみました。

スポンサーリンク

必要だったもの

下着の着替え

初めてのスノーボードでは、転んで立ってを繰り返すのと慣れない動作で全身を使い、汗をたくさん掻きます。下着は汗でびちゃびちゃです。帰りに濡れた服を着たままにしたくなければ、絶対に忘れないようにしましょう。

靴下の替え

忘れやすいのですが、靴下の替えは持っていきましょう。足の汗でびちゃびちゃになるし、臭くなります。帰り道を快適に過ごしたければ、絶対に持っていきましょう。

手袋

手袋は絶対に必要です。防寒と手を保護する二つの役割があります。転ぶときに硬い雪面で手を擦ると、ケガをすることがあります。保護具という意味もあるので、安いのでも大丈夫なので手袋は持っていきましょう。

帽子

帽子はあった方がいいです。こちらも防寒と頭を保護する二つの役割があります。特に初心者の場合、思わぬ転び方をして頭を打つ可能性があるので、帽子は被っていきましょう。

こんな感じのニット帽がお勧めです。暖かく、クッション性があり、頭を保護してくれます。

ゴーグル

ゴーグルもできれば用意したほうが良いです。手袋や帽子にはお金を掛ける必要はありませんが、ゴーグルにはお金を掛けましょう。安いゴーグルは曇って見えなくなってしまうことが多く、まさに安物買いの銭失いとなってしまいます。

私が個人的にお勧めなのが、DICEのJACKPOTというゴーグルです。価格は少々高いですが、2重レンズを採用していて全く曇りません。また、日本人向けに作られているので、鼻のところがフィットします。

要らないもの

ウェアの下に着るパーカーやセーター

雪山に行くというと厚着をしてしまいがちですが、初めてのスノーボードなら、薄着で行ってください。転んで立ってを繰り返すのと慣れない動作で全身の筋肉を使うので汗をたくさん掻き、暑くなります。ウェアの防寒性能も高いので、サウナスーツのようになってしまいます。

余分に着る物は持って行かない方が荷物が減って移動が楽になります。

以上、初めてのスノーボードに行く方のための要るもの、要らないものリストでした。
初めてのスノーボードに行く方は参考にしてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました