【薬学部】科目等履修生とは?4年制で薬剤師免許を取る方法

薬剤師免許を取得することができない4年制薬学部を卒業した人でも、薬剤師になることは可能です。

「科目等履修生」というコースに進むことで、薬剤師国家受験のための単位を取得することができます。

この記事は、薬剤師国家試験を受ける資格を得るための「科目等履修生」というコースについて解説します。

スポンサーリンク

概要

「科目等履修生」のコースとは、2年間のカリキュラムで、薬剤師国家試験の受験資格が得られるというコースです。

ただし、入学には条件があります。

まず、薬学部4年制を卒業し、かつ薬学の大学院修士課程を修了している必要があります。

この条件はかなり厳しく、入学するまでに最低でも6年間学校に在籍する必要があります。

「科目等履修生」の入学条件という形では載っていませんが、厚生労働省のHPを引用すると、以下の条件を満たす必要があります。

 平成18年4月1日以降に4年制の薬科学科(新4年制薬学課程)に入学した者で、以下の条件にすべて該当する場合は、申請により受験資格の認定を受けられます。

(1)平成18年4月1日~平成30年3月31日の間に大学に入学していること。
(2)4年制薬学課程を卒業していること。
※早期卒業(飛び級)している場合は不可。
(3)薬学の修士課程又は博士課程を修了していること。かつ、2年以上在学していること。
(4)6年制薬学課程の卒業に必要な単位を修得すること。
※実務実習を履修する大学の6年制薬学課程卒業に必要な単位を修得すること。
※大学に入学してから12年以内に、全ての単位を修得すること。
(5)実務実習は専念して履修すること。
※4年制薬学課程在学中及び(3)の要件となる修士課程又は博士課程在学中に、実務実習を履修することはできません。

入学資格

これを科目等履修生の入学資格と置き換えてみると、(西暦に直します。)

  1. 2018年度以前に薬学部に入学していること
  2. 4年制を卒業していること
  3. 薬学の修士課程を卒業していること
  4. 薬学部入学から10年以内に科目等履修生として入学すること

以上が必要な条件です。

一番下の「薬学部入学から10年以内に科目等履修生として入学すること」というのは、基本的に足りない単位や実習に必要な期間が2年であることから、厚労省の「大学に入学してから12年以内に、全ての単位を修得すること。」をわかりやすく書き換えています。

必要なお金はいくら?

お金はどの程度必要になるか調べました。

これはある大学の科目等履修生コースの一例ですが、以下の費用が掛かります。

(1)必要授業料:約80万円
(2)病院実習費用:約50万円
(3)薬局実習費用:約30万円
(4)その他入学料やコース入学受験料、CBT・OSCE受験料:約10万円
⇒計170万円程度

入学試験の内容は?

また、コース入学のためには試験を受けに行かなければなりません。

気になる試験の内容ですが、私が受けた大学は基本的に面接だけでした。

内容は以下の通りです。
・志望理由
・志望度(受かったら絶対に入るのか)
・費用が掛かることを理解しているか。

主に上記の部分を聞かれるだけで、筆記試験は全くなく、口頭試問もありませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

一定の条件を満たせば、4年制に進学したとしても、薬剤師になることは可能です。

気を付けていただきたいのは、これから(平成31年以降)受験して入学する学生さんはこの資格を得ることができません。

薬剤師免許を取りたいなら、6年制に進むしかありません。

高校受験時によく考えて決めた方が良いと思います。

【ニートの末路②】ニートの私が2年間の勉強で薬剤師免許を取れる理由
考えなしにニートになった私は、焦りからまずは手に職をつけなければと思いまして、資格を取ることにしました。 せっかく仕事を辞めたのだから、仕事を辞めないと取れない資格を取りたいと思ったのです。 そこで、着目したのが、2年間...
【薬物動態学】1-コンパートメントモデルの式導出の仕方をどこよりも詳しく解説!
この記事では、1-コンパートメントモデルの式の導出方法を詳しく解説します。 (解説しているのは、厳密には線形1-コンパートメントモデルです。) コンパートメントモデルとは? コンパートメントモデルとは、薬が体内でど...

コメント

タイトルとURLをコピーしました