【EU4】カスティーリャAAR③マルティン1世(1472~1497)

後継者不足からブルゴーニュのトラスタマタ傍系のマルティン1世により、統治されることとなったカスティーリャ。

先代のレコンキスタを引き継ぎ、その夢を果たすことはできるのか!?

【EU4】カスティーリャプレイAAR②エンリケ4世(1457~1472)
いつの間にか後継者になっていたエンリケ4世。 戦死した無能のエンリケ4世(カスティーリャ王子)と同名であるため、混同されることもありますが、能力の違いから、無能公、有能公と呼び分けられています。(という脳内設定) イ...
スポンサーリンク

カスティーリャ・グラナダ戦争(続き)

アロンソ
・・・ふう、長い戦いでしたが、チュニスまで落とすことができましたね。
フアン2世

よし、グラナダはもちろん全て頂く。

ポルトガルとチュニスについては、交易の中心地を奪おう。

特にチュニスの土地は回収できないし、それほど税収は見込めないから、ステート化はせずテリトリーで所有しておくだけという形にしよう。

アロンソ
我が国の宿願であったレコンキスタを果たすことができましたね。

グラナダとポルトガル、チュニスから領土を獲得

スポンサーリンク

新大陸の発見

アロンソ
陛下!我が国の探検家Cristbol Jimenez de Cisnerozが大西洋の向こう側に陸地を発見したようです!
フアン2世

インドではないのか?

アロンソ

それが、、、どうやらインドではないようなのです。

未知の大陸であるようです!

フアン2世

素晴らしい!我が国が世界で初めて大西洋を渡り、未知の大陸を発見したのだ!!

アメリカ新大陸を発見!

スポンサーリンク

後継者問題

フアン2世

アロンソ、鹿狩りに行こう。

アロンソ

息抜きは大事ですからね。

お供しますよ。

・・・・
マルティン1世が鹿に狙いを定めて発砲しようとしたところ、何かが鹿を驚かせました。鹿は逃げて行ってしまいました。マルティン1世は周囲を見渡します。

雲一つない素晴らしい日で、陽光が小川の水に反射しています。葦の茂みがそよ風で揺らめいています。

・・・?

笑い声でしょうか?

その時、ようやくマルティン1世は動物たちを驚かせていたものに気づきました。

葦の茂みにふわりと置かれたゆりかごの中で小さな赤ん坊が笑い声を上げていたのです。

その笑顔を見て、マルティン1世はこの子は一生恐れを知ることはないだろうと思いました。

フアン2世

よし、この子を養子にしよう!

この子は我が国の王子である!

アロンソ

(すごい人だ・・・)

葦の茂みの赤ん坊イベント

スポンサーリンク

第2次カスティーリャ・フランス戦争

アロンソ
ガスコーニュ人国家を設立しましょう。
フアン2世

君主ポイントのペナルティはよいのか?

アロンソ

それよりもフランスの方が脅威です。先代の対フランス戦の勝利から既に10年が経ち、フランス側も国力を取り戻しつつあります。

ガスコーニュ人を保護する名目でフランスに宣戦布告しましょう。

フアン2世

よいだろう。

・・・・

アロンソ

大陸の領土は全て押さえました。スコットランドまで上陸する余力はないので、講和します!

フランスは我が国へChanpagne、ガスコーニュへQuercy、プロヴァンスへMaineを割譲することを受け入れました!

フアン2世

もう少し奪いたかったが、仕方ない。

アロンソ

フランスとイングランドが戦争していますね。

フアン2世

イングランドが我が国に蹂躙されているフランスを見て宣戦布告したようだが、返り討ちにされているな。

アロンソ

イングランドは海では敵なしですが、陸軍でなら勝機がありそうですね。

スポンサーリンク

第1次カスティーリャ・イングランド戦争

アロンソ

今がチャンスです。フランスとの戦争で疲弊しているイングランドを叩きましょう!

フアン2世

まずはイングランドの大陸領土だ!

・・・

アロンソ

落としました!海戦ではイングランド軍には勝ち目がありません。

カレーの割譲を要求して講和します。

フアン2世
私もそろそろ引退するとしよう。

・・・

アロンソ

ブルゴーニュからこちらにいらっしゃって、初めは慣れない土地で大変だったとは思いますが、レコンキスタに始まり、対フランス、対イングランドに大きな勝利を収めましたね。

 

葦の茂みの中から拾ったアルフォンソ様も立派に成長されました。

 

アルフォンソ様は正統性に欠けるため、苦難の道となることと思いますが、立法制度に詳しく、国の統治能力を高めて下さると思います。

1497年時点でのカスティーリャの領土(属国、同君連合含む)

ちなみにアルフォンソ12世が立法制度に詳しい云々は、lawgiver(立法者)という特性を持っていて、月にlocal autonomy(地方自治権)に毎月-0.5の効果があるということで、拾われた子だけど頑張って勉強してきたという脳内設定です。

Lawgiver(立法者):法律は国を築き上げ、団結させる。我が君主は国内の数多の法や様々な慣例を見直して、より中央集権的な法律を制定することに力を注ぐ。by EU4

コメント

タイトルとURLをコピーしました