L型SATAケーブルとは?初めてのSATAケーブル購入するので調査した。

初めてHDDを導入するにあたり、SATAケーブルが必要だということが判明しました。

SATAケーブルがどういうものか全く知らなかったので、SATAケーブルの調査をしました。

SATAⅢ?L型?って何?というような状態でした。

ちなみに、PCはパーツを組み合わせたいわゆる「自作PC」ですが、お店に全て組んでもらったので、その辺の知識は全くありませんでした。

スポンサーリンク

SATAケーブルには色々ある?

ということで、まずはSATAケーブルの種類です。

SATAケーブルの種類

最大転送速度
(Gb /s)
備考
SATAⅠ 1.5
SATAⅡ 3
SATAⅢ 6 現在最も一般的
eSATA 6 外付け用
SATA Express 10

今売っているHDDやSSDは大半がSATAⅢのようですので、SATAⅢを購入しておけば、問題なさそうです。

コネクタの形状

形状 画像 形状 画像
ストレート 下L型
上L型(逆L型) 左L型
右L型

ストレートが普通のケーブルの形状ですが、コネクタの一方が下L型になっているものも結構多いようです。

HDDのラックに載せることを考えると、少なくとも片側は下L型になっていると良さそうです。

ということで、片側が下L型になっているケーブルを探してみました。

会社(ブランド)

さてどの会社(ブランド)のものを購入しようかという段階になりました。

アマゾンで調べると、こんなにある。。。

エスエージェー、オウルテック、ELUTENG、サンワサプライ、AINEX、UGREEN、Inateck、Cable Matters、変換名人、LANMU、Mudder、Hodays、Zheino、cyberplugs、

価格、1本当たりの値段、評価を調べてみました。評価はレビューの点数と雰囲気と私の独断で◎、〇、△、?を付けてます。

コネクタ形状は片側が下L型になっているものの場合、片下L型と表記し、両端がストレート形状の場合、ストレートと表記しています。長さは50cmくらいのもので比較しました。(2019年2月追記:2018年3月当時の価格ですので、若干のずれがあります。)

価格 本数 価格/1本 コネクタ形状 長さ 評価
エスエージェー 406 1 406 片下L型 50
オウルテック 498 1 498 片下L型 50
ELUTENG 678 3 226 片下L型 50
サンワサプライ 627 1 627 片下L型 50
AINEX 818 1 818 片下L型 50
UGREEN 1098 3 366 片下L型 45
Cable Matters 699 3 233 ストレート 45
変換名人 535 1 535 片下L型 50
LANMU 799 5 160 片下L型 45
Mudder 949 6 158 ストレート 45 ?
Hodays 690 6 115 ストレート 40
Zheino 588 3 196 ストレート 50
cyberplugs 600 2 300 ストレート 50

ELUTENGが安価で評判もよかったですので、こちらのものを選択しようとしたのですが、調べていくうちに考えが変わりました。(ELUTENGブランドは深圳にあるShenZhen Engesen ElectronicsというPC部品メーカーのようです。)

色々考えた結果、AINEXのケーブルを購入することにしました。

その理由は・・・

理由はケーブルの形状

AINEXはラウンドケーブルという形のケーブルを採用しているからです。

AINEXのケーブルはラウンドケーブルといって断面が丸い形をしており、取り回しやすいようです。

通常、SATAケーブルは平らなケーブルであることが多く、扱いにくいといわれます。

私自身、PC初心者ですのでまずはAINEX製のラウンドケーブルを購入することとしました。

少々高いですが、SATAケーブルは初めての購入です。

どのようなケーブルがよいか全くわからなかったので、何本も入っているお得感のあるセットのものを買うのではなく、少し高くてもきちんとした品質のものを選びたいと思ったのと、違う形や長さのケーブルが欲しくなることもあると思うので、扱いやすいこちらのケーブルを購入することにしました。

【追記(2018.03.11)】
実際に届いて扱ってみたのですが、ケーブル自体柔らかく取り回ししやすいです。おすすめSATAケーブルです。

左の通常のSATAケーブル(青)と比べて、右の黒いSATAケーブルがラウンドケーブルです。

以下のストレージでAINEXのラウンドケーブルを使用しました。

まとめ

ラウンドケーブルは扱いやすく、おすすめです。

少々値段も張りますので、たくさんHDDを増設したりするようであれば、安価なケーブルの方がよいかもしれませんが、初心者だったり、お金に余裕があるなら買ってみるのもありだと思います。

1本1000円足らずのSATAケーブルを購入するのに余計な時間を掛けてしまいました。

SATAケーブルにも詳しくなったので、次は違う長さや左L型とかも使ってみたいなと思っています。

導入予定のHDD

ちなみに導入予定のHDDはこれ。

Seagate社のST8000DM004というもの。

8TB保存することができるHDDです。

10TBの記憶媒体の導入も考えたのですが、2018年3月現在こちらの方が1TBあたりの価格が安いので、こちらのHDDを選択しました。

TVチューナーを導入し、記憶媒体が欲しくなったので、購入を決めました。

↓に導入した記事を作成しました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました