【コスパ最高!】耐久性は?Seagate製8TBHDD(ST8000DM004 )を1年使ったので、レビューする

Seagateの8TBの内臓HDDを導入したので、レビューします。

1年前に導入済みですが、1年使ってみての感想になります。

導入手順は1年前に撮った写真です。

スポンサーリンク

まずは外箱

箱もきれいでした。(表面)

日本語パッケージです。(裏面)

解像度が低くて写真からは文字は読めませんが、全て日本語です。

開梱します

プチプチに入っています。

袋に入っています。

開封しました。

裏面です。

導入します

PCのHDD台に固定します。

PCのHDDケースに載せて接続

この後、写真を取り忘れましたが、PCケース内に収納し、SATAケーブルを接続しました。

フォーマットなど設定を行い、設置完了です。

性能は?

速度は?

1年ほど経って書き込み及び読み込み速度を計測しました。

3TB程使用中の状態での書き込み速度と読み込み速度になります。

読み込み速度、書き込み速度ともに十分です。

シーケンシャルの読み込み速度は171.7MB/s、書き込み速度は123.7MB/sで、十分な数字だと思います。

1ファイル当たり10GBを超える大きな動画ファイルを扱うことも多いですが、非常にスムーズです。

もちろんSSDと比べると、速度に差はありますが・・・。

PC初心者がSSDの増設に挑戦!最安SSD、Micronの2TBを導入したのでレビューする。
こちらの記事でも紹介したMicron社の2TB SSD「1100 MTFDDAK2T0TBN -1AR1ZABYY2TB」が、本日届きましたので、導入しました。 初めてストレージを導入することもあり、緊張しましたが、無事導入で...

仕様書には転送速度は最大190MB/sと記載されている

ちなみにこの製品の仕様書には、転送速度は最大190MB/sと書いてあり、実効速度としては許容できる範囲です。

1年使用していますし、半分近く容量を使っていますので、数字上で遅くなる環境にあるのは間違いありませんが、使用感としては全く問題ありません。

音は?

寝室においてありますが、録画時でも音が気になることはありません。

フォルダをいじるときに動いているな、という感じがする程度です。

コスパは?

ちなみに気になるコスパですが、2019年4月時点の価格.comの情報を参考に「8TBHDDの1TBあたりの価格」をグラフにしてみました。

比較したのは、2019年4月時点の価格.comにおけるコスパの良い上位4種のHDDです。(リンク先:Amazon.com)
SEAGATE ST8000DM004
東芝 MD05ACA800
SEAGATE ST8000VN0022
WESTERN DIGITAL WD80EFAX

横軸が1TB当たりの価格になります。この容量帯では、一番上のSEAGATE製ST8000DM004が約2000円と最も安価です。

まとめ

ひっきりなしに録画して、削除してというのを繰り返していますが、不具合はありませんので今のところ耐久性は十分だと思います。

まだ1年しか使用していませんので、引き続き更新はしていきたいと思います。

ただ、Seagate製HDD(ST8000DM004)は単位あたりの容量もかなり安く、コスパの高いおすすめなHDDです。

動画ファイルなど大量に保存するストレージが必要な場合には、選択肢の一つになると思います。

製品ごとに当たりはずれももありそうですが、現状コスパ的にはこれが最高です。
最初に少し使ってみて異常がなければ、相当いい製品であることには変わりないので、十分候補に入って来るかなとは思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました